愛犬の床は愛犬よろこび、家、駆け回る。獣医さんオススメ!長期保証のフロアコーティングです。
0120-510-501
  • HOME »
  • フローリングを劣化から守る

犬を飼うお家のお悩み、第1位は「フローリングの問題」。

お家で犬を飼われている方にお聞きしました。「現在、お住いで改善したい場所はありますか?」1位フローリング 2位収納スペース 3位カーテン・襖・絨毯 4位間取り全て 5位バスルーム 6位キッチン 7位窓・扉 8位冷暖房 9位トイレ 10位外壁

多くの飼主さんが、フローリングのシミ・キズに悩まれています。

「おしっこのシミ」 被害の実例 おしっこのシミがついたフローリングの例 「ツメによるキズつき」 被害の実例 引っかき傷がついたフローリングの例

一般的なフローリング(合板)の正体は、「わずか0.xミリの木材」表木です。

なんといっても飼い主さんをいちばんに悩ませているのが「おしっこなどによるシミ」。パピーの時分はもちろんのこと、トイレトレーニングしっかり身についているワンちゃんであっても、ヒートの時期や老齢に至った場合も含めると、人のように汚さないよう気をつけることは、なかなかできません。

また、一般的な合板フローリングの内部、MDF層などは特に水分に対して弱いため、ちょっと目を離している間にされた粗相を気づかず、しばらく放置してしまった結果に、変色して見えるだけでなく、ふくれや腐食など、取り返しのつかない不具合を引き起こすことが多くあります。

フローリングの上を駆け回ることによるキズつきも、なかなかに厄介な問題。一般的な合板フローリングの表面の木は、わずか0.xミリほどの厚さしかなく、この下まで深くキズが入ってしまうと、内部のみすぼらしい、本来見せるべきでない層が露出してしまいます。

また、キズは長さや範囲、付き方によって、非常に補修が困難で、業者に依頼しても高額な費用がかかる場合が多く、さらにその上で、キレイに元通りになるのかといえば、そうとも限りません。

愛犬の床が、フローリングを劣化から守ります。

厚膜の丈夫な樹脂が、床への浸み込み・ダメージを防ぎます。

フロアコーティングを施した床にこぼれた牛乳を、雑巾を使って拭いている手。フロアコーティング 「愛犬の床」のフローリングへの塗装イメージ

厚さ30ミクロンの樹脂膜がフローリング表面を覆って、おしっこなどの汚れや水分の浸み込みをストップ。サッとひと拭きでキレイにでき、お掃除の選択肢もグンと広がり、衛生面も向上。フローリング本体のキズつきも防ぎます。 ※フローリング構造上、目地からの浸水を防ぐものではありません。

  • 水拭きOK
  • 洗剤OK
  • 除菌剤・消臭剤OK
  • スチームモップOK
  1. ワックス
    不要
  2. 床暖房
    OK
  3. (財)日本塗料検査協会認定
:医学博士 的場美芳子先生 近影

ワンちゃんの健康のため、お部屋の除菌・衛生環境のためには「スチームモップ」でのお掃除が、とってもおススメです。
医学博士 的場美芳子先生

まずは無料お見積りとパンフレット・サンプルをご請求ください。 無料の施工サンプルつきパンフレット 請求とお見積りご依頼フォームはこちら お電話でのご相談はフリーダイヤル 0120-510-510(受付時間 年末年始を除く9:00~20:00)
Copyright © エコプロコート株式会社 All Rights Reserved.