犬もよろこび、家、駆け回る。獣医さんオススメ!★20年保証付★
0120-510-501

interview02main

PROFILE
ペット総合コンサルタント、ペット総合プロデューサーとして現在、全国のペットショップで催される講演やしつけ教室、ペット業界人材育成など、教育・コンサルタント活動を精力的に行う。
PSGジャパンペット総合スクール理事長、“となりの「愛犬バカ」” 著者。

本当に良い商品が、意外と売れていなかったりもする

飼い主の皆さんが、犬のための商品を買うお店は、大きくふたつに分かれますね。ひとつは、ペット用品の専門店。もうひとつは、いわゆる量販店です。具体的にどう違うかと言うと、専門店の方では、アドバイザーが居ますね。

この商品はどのようなものであるのか、飼い主さんにちゃんと説明できる店員・スタッフが居る。対して、量販店の方は、ただ置いてあるだけ、商品を選ぶことについては、完全なセルフサービスです。

しかし、専門店でも、なかなか満足なアドバイスができているとは言い難いのが、現状ですね。レジで追われたり、単純に人手不足であったり、それで、本当にいい商品が、意外と売れていなかったりします。

これは、それを作っている企業にとっても、もちろんそうなんだけど、飼い主さんにとっても、そして犬にとってもね。大きなチャンスロスですよ。巡り会うべき商品に、出会えないまま終わってしまうのだから。

本来僕は、専門店に限らず、ペット用品を扱うのであれば量販店であっても、アドバイザーをひとりくらいは置いてほしいと思っている。

すべての飼い主さんに、犬種、家庭の事情、環境、それぞれ考慮した上で、最良の商品を教えてあげられる、そうした人材をね、飼い主さんには、犬のために、いちばん良い商品を手に入れていただきたいからね。

そうした人材を育てることが、今の僕の務めだと思っています。

飼い方の変化に合わせて、ペット用品も発展

昔はね、犬と言えば番犬ですよ。外に繋いで飼うものでした。でも、飼い方そのものが変わった。家族の一員、子供代わりとして、どんどん室内で飼うようになって、犬も小型化していった、外飼いなんて、今では全体の2〜3割程度でしょう。

なぜ乾燥フードが普及したか、お分かりになりますか?与える側の手軽さ、保存の良さももちろんありますが、大きな理由のひとつは「フンが臭わないから」です。なま物だとね、フンが臭うんですよ。

つまりは、室内が臭くなってしまう。そうならないように改良された乾燥フードが現れ、そして現在、主流となったんです。同じように、住宅に関わるものにも、犬用がたくさん増えました。

今日では、犬専用のお部屋を与える飼い主さんだって、おられますからね。「愛犬の床」もそのひとつだと言えるでしょう。これはいいなと、僕も気づいたわけです。

飼い主さんの見落とし、まだまだたくさんあります

僕は年におおよそ3,000組くらい、この十数年で延べ4万組はゆうに超えたでしょう。たくさんの飼い主さんに対して、犬の飼い方をお話してきました。その中でもね、本当に犬の飼い方をご存知の方は、ごくわずかですよ。

床が滑る、ということについても、それを問題として捉えておられない飼い主さんも、まだまだたくさんいらっしゃるでしょう。ツメで床が鳴ってうるさい、と思われても、犬の関節にとってリスクである…と、そうした考えをお持ちでない方もね。

でも現実には、非常に多くの関節の障害が起きている。動物病院でも、はっきりと分かっていることです。ペット用のホテル、今では1泊何万もする、人間以上に豪華な部屋もあります。エアコンが付いていたりね。

でも、そこにも「床がどうである」といった言及は、あまりなされていないし、飼い主さんも気を配ってはいない、犬にとっては、実はたいへんに大きな問題であるにも関わらず…です。こうしたことは、まだまだたくさんありますよ。

犬にとって、本当に良い商品を選んでほしい

たとえば、フードはすぐ分かるんですよ。一度与えてみて、判断したら良い。犬は生き物ですから、その良し悪しはすぐ結果が出ます。良くないものを与えたら、下痢をしたり、毛ヅヤが悪くなったり、アレルギーが出たりする。

でも、簡単に試したり、替えたりすることができない商品についてはもう、飼い主さんが正しい知識をもって、しっかり選んでくれることだけが頼りです。

それとね、良くない商品は、時が経つに連れて、いずれは淘汰されてゆくんです。犬の玩具などがそうですね。今世にあるもののほとんどは、たとえば目のパーツでも、ちゃんと布でできている。

これはなぜかというと、犬は基本、すぐ飲み込んでしまう動物だからなんですね。人間のように、念入りに食物をかみ砕くことをしないので、ピーズやプラスチックを部品にしてしまうと、それをそのまま簡単に飲み込んでしまう。

そして、排出もされず、アレルギーの原因となったり、最悪は、手術で取り除かなくてはならなくなったりします。なので今日、そういったプラスチックなどの部品を使った玩具は、お店からほとんど消えてなくなりました。

このようにして、最後には良い商品も、そうでないものにも、一緒に並んで存在しています。なので、飼い主さんにはできる限りの知識を得ていただいて、「こっちの方が安いから、なんとなく」ではなく、本当に良いものを選んで、愛犬に与えてあげてほしいですね。

Copyright © エコプロコート株式会社 All Rights Reserved.