nattsu

トイ・プードル
「ナッツちゃん」♀/3ヶ月

神奈川県相模原市 Sさま邸・平成25年6月18日施工

 

はじめての犬。しつけ・トイレトレーニング中です。

生まれてはじめての犬で、まだ飼い始めてひと月と経っていません。現在はトイレのしつけに苦労していますが、本当にかわいいものです。

「フローリングは犬の関節に悪い」知っていたので…

まだ幼犬で、ケージの中に居ることが中心の生活ですが、フローリングが犬の関節に負担をかけることは知っていたので、何がしかの対処をしなければならないとは、最初から考えていました。

コルクマットだと、お気に入りのフローリングの見た目を殺してしまう…

愛犬の床を施工する前に、子供部屋で使っていた、ジョイント式のコルクマットを試しに敷いてみましたが、どうにも内観として、良いものではありませんでした。特にこのフローリングの色合いはたいへんに気に入っており、そもそもこの家を購入することにしたきっかけのひとつでもありましたから、それを殺してしまう方法では、個人的にあまり良くありません。そこで、フローリングをそのまま生かせる、愛犬の床を施工することにしました。ワックスがけも要らないのは楽ですし、我が家は築4年で、少し汚れも目立っておりましたので、それがきれいになるのも良いなあと。

費用は正直、倍以上かかります。それでもなお、愛犬の床がおすすめです。

愛犬の床の費用は正直、ほかの手段の倍以上はかかるものだと思います。それでも、たとえばカーペットなどはその場は安く済んでも、それから度々、替えることで追加にお金もかかるでしょうし、手間暇も要ります。愛犬の床なら、そういった手間や追加費用は一切かからず、20年の保証もついてきますので、長い目で見たならば、こちらの方が賢い選択であることは明らかでしょう。まだ施工して数日ほどしか経っていませんが、フローリングは本当に美しく、犬も滑らない床を、うれしそうに走り回っています。